日焼けの仕組みと治り方を知って靴下焼け対策!

fwaer

ある日、靴下を脱いだら足首から上が日焼けで真っ黒に焼けて靴下焼けしていた!
この時期になると日焼け止め対策していないとあっと言う間に変な焼け方しますよね。

靴下焼けもその一つです。
日焼けすればするほどその境界線がクッキリ出てきて恥かしい思いしていませんか?

出来ることなら靴下焼けなんてしたくないですがもし出来てしまった場合この靴下焼けはどうやって治っていくんでしょうか?

今回は、日焼けの仕組みと日焼けが治っていくプロセスについてご紹介します。
これを知っていれば、今日から靴下焼け対策ができますよ

紫外線が日焼けする原因

werawerwe

日焼けの原因が紫外線だということはご存知だと思います。

一言で紫外線といっても紫外線にはUV-A UV-B UV-Cと3種類の紫外線あり
主に日焼けする原因と言われているのがUV-AとUV-Bの2種類です。

紫外線A波(UVA)

320~400ナノメートルの波長をもっていて、長波紫外線とも呼ばれています
エネルギーは弱いがジワジワと肌の奥へ浸透していき、コラーゲンの老化や光発ガンなどを引き起こします。

雲や薄い衣服ならすり抜けてします紫外線なので曇りでも日焼けするのはこの紫外線が原因です。

紫外線B波(UVB)

280~320ナノメートルの波長で短波紫外線と呼ばれています。
紫外線としてのエネルギーが強くA派同様肌の中に浸透するとコラーゲンの老化や光発ガンを引き起こします。 ただ、雲やガラス窓である程度さえぎる事が出来るので日差しが弱ければそれほど浴びる事はありません。

 

紫外線が肌に吸収されるとどうなる?

表皮

まず、肌は表面から「角質層」⇒「顆粒層」⇒「有蕀層」⇒「基底層」の4層で構成されています。
今目に見えている部分が角質層という部分です。普段はこの角質層で外部からの刺激を守っているのですが、紫外線の場合はこの角質層を突き抜けて有蕀層にまで浸透していきます。

有蕀層にまで浸透した紫外線は活性酸素を発生させここにあるコラーゲンは破壊していきます。
そのまま放置しておくと活性酸素が発生してどんどんとコラーゲンを破壊してくので身体はそれを阻止しようします。

基底層というところでメラノサイトを発生させて紫外線が有蕀層まで入ってこれにくくするのです。
このメラノサイトが黒~褐色なのでメラノサイトが多く発生するほど肌が黒くなっていくのです。

いわばメラノサイトとは、肌を守るバリアみたいなものです。

これが日焼けする仕組みです。

 

じゃあ日焼けが治る仕組みは?

上記で日焼けする仕組みはわかったと思うので次ぎは日焼けが治る仕組みについての説明です。

あなたは、ターンオーバーという単語を聞いたことがありますか?
ターンオーバーとは皮膚の新陳代謝のを言います。

皮膚というのは実は何度も生まれ変わっていて通常28日で身体の皮膚入れ替わります。
hiuh

 

一番下の基底層が生まれたての赤ちゃん肌としたら上に行くほど古くなっていき角質層では役目を終えると垢となって剥がれ落ちていきます。そして次ぎの顆粒層が新しい角質層となって外部からの刺激を守ってくれます。

今あなたが目にしている肌は28日前に基底層で生まれたものが上に上がってきたものです

そして日焼けが治る仕組みはこのターンオーバーに大きく関係しています。
先ほど上記でメラノサイトが有蕀層に溜まることで日焼けすると説明しました。

もう、お分かりですね!

この有蕀層が日数をかけて上に上がっていき何日後かに角質層になって垢となって剥がれ落ちるときに日焼けが治るんです。このターンオーバーの日数が短ければ日焼けの治りが早いというわけです。

i320

なので靴下焼けが早く治るかどうかというのは日焼けしている部分のターンオーバーが正常かどうかで日焼けの治りの速度が違ってくるという事です。

 

靴下焼けが直らない人の特徴

靴下焼けが治るのはターンオーバーが必要だという事はわかった
でも、なかなか治らないって人もいますよね。

もしかしたらあなたもそうじゃありませんか?

その理由はとても単純でメラニンが出続けているからです。
つまり正常にターンオーバーはされているけれど皮膚の奥では次々とメラニンが生成されているのでいくらターンオーバーを繰り返したとしても一行に肌が白くならないのです。

つまり靴下焼けを治すにはただターンオーバーに頼るだけでなく、
それ以外にメラニンを生成させないようにする事も同時に必要となってくるのです。

>> 詳しくは靴下焼けを直す方法を参照

 

まとめ

靴下焼けの仕組みと治り方は以上です。
靴下焼けの一番の根源は紫外線ではなくメラニンだという事が分かったと分かったと思います。

そしてこの発生したメラニンをどうするかで靴下焼けの治りと関係していることも分かったと思います。
あとは、上手に対処すればもう靴下焼けに悩むこともなくなるので是非参考にしてみてください。