夏から秋にかけての美白ケアのポイント

夏から秋にかけての肌は、夏にうけた紫外線がどれだけのものかによって変わっていきます。

夏の美白ケアのポイントとしては、ひたすら紫外線を受けないようにすることです。

春から夏にかけての紫外線は、凶器に近いほどの量ですから、日焼け止めや日焼け防止グッズを常備し利用していくのが、何よりの美白のポイントです。

夏から秋にかけての美白化粧品利用は?

また、美白ケアとしてヒアルロン酸やハイドロキノンなどの美白に効果のある化粧品と、冷却効果の高いものを利用することをおすすめします。

顔パックや化粧水も、夏場は、保湿効果よりも抗炎症作用の高いものを意識して利用してください。

 

逆に秋からは、保湿力を意識した化粧品をおすすめします。

 

春から夏にかけて蓄積されたメラニンを、どう消化していくのかによって、冬の美白は変わってしまいます。

 

目に見えていない隠れシミやメラニンを、秋の間に少しでも減らしておくのが、秋の美白ケアとしての大事な仕事です。

秋の美白ケアとして、漂白効果の高いハイドロキノン配合の物や保湿力の高い商品を選んでいきましょう。

 

顔パックもなるべく意識してやっていくと、疲労が溜まった肌に効果的です。

上記のように、角質ケアも大事ですが、肌のターンオーバーやできてしまった、シミやくすみ、ニキビなどもできるだけこの時期に軽減させておきたいです。

空気の乾燥から酷くなる冬場は、保湿効果メインが良いので、このタイミングでニキビ対策や、肌荒れ予防などを意識して肌質改善を心がけていきたいところです。

 

その為にも、この時期を使って食生活や生活習慣も見直しておくことが理想的です。

夏から秋にかけての美白ケアは生活習慣でもサポート

美白ケアと聞くと、たいていの人は化粧水や美容液、洗顔料などをイメージしますが、それだけでなく、美白ケアに大事なのは、規則正しい睡眠とストレスをかけないこと、ほど良い運動にバランスの取れた食事も重要になっていきます。

夏 美白ケア ビタミン

その中でもビタミンは、化粧水の成分にも利用され、フルーツなどで口から摂取するのも効果的とされています。

 

これを機会にビタミン類が高い物を、口から摂取することも美白ケアの一貫としておすすめします。

夏から秋にかけての美白ケア、紫外線対策予防は肌にとって一年の中で一番重要といわれるほど大事ですから、怠らずに頑張っていきましょう。